本文へスキップ

      



1 美肌・美白効果
みそには美肌を維持するために必要な良質のたんぱく質とビタミン類がたっぷり。野菜や海藻などといっしょに具だくさんのみそ汁で食べるのがオススメです。また、みその中に含まれる「遊離リノール酸」がメラニン合成を抑制してくれるので、美白効果も期待できます。


2 アンチエイジング
老化の大きな原因は細胞脂質の酸化。体内のサビともいえるこの過酸化脂質の発生を抑えることが老けないためには重要とされています。みそに含まれる、サポニンやメラノイジンは、細胞の酸化を防ぐといわれている。さらに、みそは女性ホルモンの働きを活性化するイソフラボンも摂取できるので女性の強い味方。


3 ダイエット
みそにはさまざまな栄養素が含まれるので、ダイエット中に不足しがちな栄養を補ってくれる強い味方。また、みそには空腹感を抑えるギャバが豊富に含まれる。食物繊維は腸内環境を整えて老廃物の排出を促進。さらに、みそ汁はお腹を膨らませてくれる効果があるので、満腹感が得られるので、ダイエット中にピッタリ。
煮物やスイーツを作る際、甘味の強い西京みそや江戸甘みそを使えば、砂糖の量をグンと減らせ、味に深みもでます。


4 さまざま病気の予防
みそ汁をまったく飲まない人は、毎日飲む人に比べ胃がんの発生率が約50%も高い。(国立がんセンター研究所)みそ汁を1日3杯飲む人は、1日1杯以下しか飲まない人に比べ、乳がんの発生率が約半分以下。(厚生労働省)という調査結果が発表されています。
また、みそは、放射線、肺腺がん、肝がん、大腸がん、高血圧、脳卒中、肥満、便秘・・・などからも体を守ってくれる効果があります。


5 頭もスッキリ
みそに含まれる大豆レシチンも脳を活性化させる栄養素として注目されている。レシチンは代謝を活発にさせたり、脳の栄養素になったりする。中でも注目なのが、脳の神経細胞や神経伝達物質の原料になっていること。この神経伝達物質が活発に分泌されると、気持ちが落ち着いたり、積極的に物事を考えたりするようになります。同時に、記憶力、判断力、集中力も増加もアップするといわれています。









                      

このページの先頭へ
copyright©2014 Misomaru all rights reserved.